東海大学山形高等学校トップ>学校生活>学校行事>現代文明論研修旅行



  


 東海大学の創設者である故松前重義博士の建学の精神や思想に学ぶ「高校現代文明論」の授業は、東海大学に関係するすべての高等学校で行われています。


 本校でも、1学年で学習する重要な科目です。この授業ではより具体的に理解を深めるために、毎年、東海大学の湘南キャンパスを見学しています。


 今年も1学年全員が参加した現代文明論研修旅行は、5月18日から19日にかけて1泊2日で実施されました。


 大学教授の「現代文明論」の授業体験、卒業生5名の体験談(大学生活について)や大学での部活動の見学を通して将来の進路選択に夢を膨らませることが出来ました。