東海大学山形高等学校トップ>学校生活>東海大山形Webニュース>PTA会報

  

 今年度、伝統ある東海大学山形高校のPTA会長をお引き受けし、身の引き締まる思いを致しております。さらに今年度は、開校50周年の記念すべき年にも当り、又、県私立中高PTA連合会の担当校でもある事から、何かと忙しい一年になると思いますが皆様方の力をお借りしながら、一年間運営に当ってまいりたいと思います。
 さて、今年度も3ヵ月が経ち、地区総会も順調に開催されております。生徒諸君も、落ち着いて勉学に励み、又、春の高校総体でも各クラブ共、好成績を上げ、新聞紙上で我校の名前を見るたびに感動を覚えながら、活気ある高校生活を送っている事を喜んでおります。
 今年度から、「振興会」を「PTA」と改め、よりわかりやすい会を目指していく事になりました。私達保護者は、先生方と協力し合いながら、子供達のために何かできるかを考え、行動に移していく事が大事な事だと思いますし、そのためには、保護者同士が、親密な関係を築く事、そして先生方との連携を深めていく事が大切ですから、出来るだけ多くの行事等に参加をして頂き、又お互いに、気軽に相談が出来る雰囲気が作り上げられれば、自然に目的に近づくものと信じます。昨今、教育を取り巻く社会環境が厳しさを増す中で、元来教育が目指してきた原点に立ち戻る事が必要と考えますが、現実はなかなか理論通りには行かないものです。幸いにも、我校には、「建学の精神」という不動の精神があり、迷った時には、これを思い起こす事により、容易に原点に立ち戻る事ができるすばらしい財産があります。教育の理想を一人でも多くの皆様と共有できる様我々PTAが一丸となり、協力し合える会に育ってくれる事を切に願っております。
 日頃から、本校発展のために御尽力を頂いております、理事長先生をはじめ、同窓会の皆様、又、校長先生をはじめ、教職員各位に対し、衷心より感謝を申し上げ挨拶と致します。